303 BOOKSのリモートワーク・ミュージック#14

色褪せない松本隆の詞

この記事は約4分で読めます by 加藤季余乃

本記事で紹介した曲のプレイリストのURLはこちら

本記事内の動画は全てコピーライトもしくはYouTubeに使用を許可しているライセンス所持者が表記されているものを使用しています。
YouTubeヘルプ「この動画の音楽」の情報

皆さん、こんにちは。アシスタントの加藤です。
だんだんとあたたかくなり、散歩をするのが楽しい季節になってきました。
いまだ人と会うことが難しいご時世ではありますが、心ときめくものを見たり、聞いたりして、日々を彩り、楽しむことも大切です。
今回は、私の心のときめきのひとつ。
松本隆さんが手がけた名曲について、(ほんのすこし)綴ります。

かとうきよの
加藤季余乃

散歩と喫茶店巡りが好き。珈琲を嗜むことに憧れているが、苦味にまだまだ慣れない。道すがら、神社やお寺を見かけたら、参拝して御朱印を頂くのも趣味の一環。

    君は天然色

    1981年に発表された、大滝詠一さんの大ヒットアルバム『A LONG VACATION』の収録曲の一つ。2021年3月には40周年バージョンのアルバムが発売され、今なお多くの人に愛され続けています。

    大滝さんの優しい歌声と心弾むような楽しい曲調が印象的ですが、歌詞からは、もう戻ってこない大切な人との過去を思う、寂しさが感じられます。

    有名なお話ですが、アルバムの制作が進められる最中、松本さんは妹の病死という悲しい出来事に直面されました。

    作詞を断ろうとしたほど、苦しみを抱えながら、その時に見えた情景を、この歌の詞にも投影されたそうです。

    『手を振る君の小指から 流れ出す虹の幻で 空を染めてくれ』
    (『君は天然色』歌詞より一部引用)

    当時の思いは、優しいきらめくようなメロディーに乗って生き続け、40年がたった今でも、なお強い魅力を放って多くの人の心を打ちます。

    君に、胸キュン。

    テクノポップスグループYMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)のヒット曲。

    それまで、RYDEENTECHNOPOLISなど、近未来的でスタイリッシュな楽曲を手掛けてきたYMOが、アイドルのように爽やかに歌う姿が話題に。

    『君に、胸キュン。(キュン)』
    (『君に、胸キュン。』歌詞より一部引用)

    さざなみを感じさせる涼しげなメロディと歌声に乗って、何度も登場する「胸キュン」というフレーズは、聞く人の耳に、可愛く小さなインパクトを残します。

    「胸キュン」は、この曲が使われた化粧品CMのキャッチコピー。

    松本さんは、その言葉をそのまま歌詞に使いました。

    今でもいろいろな場所で耳にする名フレーズは、この曲とCMをきっかけに広まったそう。

    木綿のハンカチーフ

    歌謡界のゴールデンコンビ、筒美京平さんと松本隆さんによる言わずとしれた不朽の名作。

    2021年3月に発売された、筒美京平さんのトリビュート・アルバム『筒美京平SONG BOOK』では、女優の橋本愛さんが『木綿のハンカチーフ』を歌っています。

    youtubeでは、一発撮りのパフォーマンスも公開されました。

    透明感のある歌声で、遠く離れた恋人を思い合う男女のストーリーが綴られ、短いドラマを見たかのような感動を味わうことができます。

    『都会で流行りの 指輪を送るよ』
    『あなたのキスほどきらめくはずないもの』

    (『木綿のハンカチーフ』歌詞より一部引用)

    男女それぞれの視点を交互に描くこの歌は、聞く人によって、ちがうイメージを想起するかもしれません。

    歌が進むうちに、二人の悲しい結末は予感されるものの、正しいことは一つではなく、数多の感情を秘めていることがこの曲の魅力といえます。

    風をあつめて

    ロックを日本語で歌うことに賛否両論あり、論争も起こったという70年代に、はっぴいえんどは、全て日本語の歌詞の曲を収録したアルバム『はっぴいえんど』を公表し、デビューしました。

    活動期間は短かったものの、メンバーの大滝詠一さん、鈴木茂さん、細野晴臣さん、松本隆さんは、その後も活躍して音楽業界に大きな影響を与えています。

    『風をあつめて』は、はっぴいえんどの二枚目のアルバム『風街ろまん』に収録された歌の一つ。

    「起きぬけの路面電車が 海を渡るのが見えたんです」
    (『風をあつめて』歌詞より一部引用)

    どこかけだるげな歌声と、まるで文学作品のような松本さんの詞によって描かれる、古き東京の日常風景には、郷愁感が滲み、漂います。

    この曲を聞くと、慌ただしく進む時間を引き止めて、ゆったりと今を楽しむ、自分の心を取り戻すことができるのです。


    松本隆さんが作詞された歌を、一部を紹介させていただきました。

    仕事や家事、やらなければならないことに追われたときは、ぜひ自分のお気に入りの音楽を再生して、ホッと一息ついてみてください。

    見ている世界が広がって、元気が出たり、面白いアイデアが浮かんだりするかもしれません。

    今回紹介した歌も、皆さんの心を彩る方法の一つになれば嬉しい限りです。

    散歩中に見かけたひとコマ。ときどき外に出て景色を眺めるのも、またときめき。

    CREDIT

    クレジット

    執筆・編集
    散歩と喫茶店巡りが好き。珈琲を嗜むことに憧れているが、苦味にまだまだ慣れない。道すがら、神社やお寺を見かけたら、参拝して御朱印を頂くのも趣味の一環。
      イラスト
      1994年、福岡県生まれ。漫画家、イラストレーター。第71回ちばてつや賞にて『死に神』が入選。漫画雑誌『すいかとかのたね』の作家メンバー。散歩と自転車がちょっと好きで、東京から福岡まで歩いたことがある。江戸の消防と建築を研究中。