内田麟太郎の詩 303P#2

「手品」

この記事は約2分で読めます

詩人で絵詞作家の内田麟太郎さんは、
日常の何気ないできごとに詩を感じ、
ノートに書きとめるようにFacebookに投稿する──。

思わず笑ってしまう詩、心に優しく染み入る詩、
ふと誰かのことを思い出してしまう詩。
そんな内田麟太郎さんの詩を、
みなさんが一週間を乗り切る力になればと、
毎週月曜日に1編ずつご紹介します。

内田麟太郎さんのFacebook

手品

ふりますよ ふりますよ。
ふしぎなゆきが ふりますよ。
  ふわ ふわ ふわ
  ふわ ふわ ふわ

ぼたんゆきが ふってくる
うさぎは しずかにたちあがる

しずかに しずかに ゆきがふる
うさぎのかたに ゆきがふる
  ふわ ふわ ふわ
  ふわ ふわ ふわ

ゆきはコートになっていく
しろいコートになっていく
あかいボタンを ならばせて
ボタンを いつつならばせて


うちだりんたろう
内田麟太郎

1941年福岡県生まれ。詩人、絵詞(えことば)作家。『さかさまライオン』で絵本にっぽん賞、『うそつきのつき』で小学館児童出版文化賞、『がたごとがたごと』で日本絵本賞、詩集『ぼくたちはなく』で三越左千夫少年詩賞を受賞。他に絵本「おれたち、ともだち!」シリーズなど著作多数。

イラスト

かいややすみ
海谷泰水

文化服装学院ファッション工芸科、同研究科卒業 。llustration誌The Choice 2008年準入選。TIS公募 2007年入選、2009年金賞受賞。著書に絵本『とびっきりのごちそう』、『みんなともだち』(作:二宮由紀子)、「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズなどがある。