OH! 今日も80’s気分 イラストレーター/モデル・くるみ#4

80’s→50’sのファッションへ

この記事は約5分で読めます by 遠山彩里

80年代が好きで、自らも聖子ちゃんカットと昭和ファッションに身を包むイラストレーターでモデルのくるみさん。最終回の今回は、モデルの仕事についてお話を聞いていくとともに、今後のファッション、これからの目標についてうかがいます。

くるみ
かわいくてちょっぴり懐かしいイラストを描くイラストレーター。80年代のアイドルとお洋服が大好きで、レトロなファッションで似顔絵屋さんやLIVEイベントで活躍中。モデルとしても活動。
WebsiteInstagram

次の気分は“キュッ、ふわっ”の50’s

現在、聖子ちゃんカットではなくなったくるみさんですが、次はどうなるんでしょうか?

遠山

次やるとしたら50年代の雰囲気でやろうと思ってます。

くるみ

80年代と50年代って、どんな違いがあるんですか?

遠山

ファッションでいうと、例えばウエストがキュッとくびれてて、スカートがふわっとなっているのが50年代で、割と原色や柄物などが取り込まれた派手めでカラフルなのが80年代。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のパパとママの時代が50年代なんですけど、あの感じがすごい好きで。

くるみ

じゃあこれからはファッションや髪型も50年代に寄せていくんですか?

遠山

寄せていきたいんですけど、50sと言ってもタイトなスカートで、シルエットはボンキュッボンでアイライン跳ね上げの、マリリン・モンローとかロカビリーファッションは自分には合わないと思っているので、まだ近づけられそうなオードリー・ヘプバーンや『メリー・ポピンズ』あたりを模索しています。

くるみ

私勝手に、くるみさんはずっと80年代一筋でいくのかと思ってました!

遠山

最初はそのつもりだったんですけど、最近変わったんです。日本にこだわるわけでもなく、ただ好きなものを取り入れています。でも中身は変わってないです。今でも聖子ちゃんの歌を歌いますし、聖子ちゃんLOVEです‼︎

くるみ

もともとは音楽が始まりですもんね。次のくるみさんがどんな風になるのか、ファンの人たちも楽しみですよね!

遠山

イラストレーターともう一つ、モデルのお仕事

イラストレーターの他に、モデルのお仕事もされてますよね?

遠山

はい。ミュージックビデオに出たり、『まっぷる』という旅雑誌や、カフェを紹介する『東京カフェガイド』という雑誌などに出させてもらったりしてます。

くるみ

ファッション系のお仕事もやったりするんですか?

遠山

ラフォーレ原宿に入ってるブランドのモデルをやらせていただいたことはあります。

くるみ

それすごいですね! いつも着ている昭和の着こなしって、何かを参考にしてるんですか?

遠山

父のお宝で、『BOMB!/ボム』っていう昭和の雑誌が家にあって、写真集を作る時にそれを見て研究したりしたんですけど、服装もそれを参考にしたりとかしましたね。

くるみ

なるほど。柄の使い方とか組み合わせとかすごい難しそうなイメージがあるんですよね。

遠山

そうですね。だけどあんまり考えずに、直感で選んでることが多いかもしれません。

くるみ

それはやっぱりセンスなんでしょうね。

遠山

友達や場所で変わるファッションの楽しさ

いつもはどういうところでお買い物してるんですか?

遠山

原宿や下北沢の古着屋さんをまわってます。

くるみ

お買い物やスタイリングする時って、毎日80年代を意識しているんですか?

遠山

お友達と遊ぶとか、どこかに出かけるってなると、その場所に合わせた服と髪型を考えます。だからそのためにお洋服を探しにいったりもします。ペッパーズドライブインに来るってなったら、50年代のボーリングシャツとかを着たりとか!

くるみ

ちなみに、今日のファッションは?

遠山

今日はソファーなど赤いものが多いので、映える水色にしようと。あとは50年代だからパニエを履いてサーキュラースカートの方がいいかなと思って来ました。

くるみ

おー。確かに言われてみるとここの場所とすごい合ってますね。

遠山

ディズニーランド行く時とかも、友達と「何着てく?」って相談して合わせたりしてます。

くるみ

じゃあ毎回自分の中でコンセプトを決めて洋服を選んでるんですね。楽しそう!

遠山

楽しいです!

くるみ

ファッションが本当に好きなんですね。そっちの道に行こうと思ったことはあるんですか?

遠山

高校三年生で専門行くか、大学行くかって考えた時に、服飾も考えたんですけど、もう作れるし、いいかなって(笑)

くるみ

そっか。洋服も作れたんですもんね。

遠山

習うとなると自分の好きな80年代だけじゃなくなってくるので、作るとしたら好きなものだけでいいかなあと思って。

くるみ

確かにそうですね。

遠山

それと、お仕事にはしない方がいいかなと思って、選ばなかったです。

くるみ

昭和の人に「いいね」と言ってもらえるように

今後の目標というのは何かありますか?

遠山

具体的なんですけど、ファッション雑誌の一番後ろの占いのページのイラストをやりたいんですよ。あとは雑誌の表紙とか本の挿絵とか、教科書の挿絵もやりたいです。

くるみ

たくさんあっていいですね! 教科書の挿絵ってどういうのでしたっけ?

遠山

小学校の国語の教科書で、熟語とイラストがいっぱい描いてあるページがあったんですけど、それが昔からすごくい好きで、描いてみたいんですよね。

くるみ

確かに教科書の挿絵って可愛いですよね。グッズの方はどうですか?

遠山

ステッカーやシールなどのグッズは、オンラインだけじゃなくもっと店頭で売っていきたいです。本音を言うと、LOFTさんやヴィレッジヴァンガードさんなどの雑貨屋さんとかに置いて欲しいです!

くるみ

手帳とか置いてそうですよね。私もくるみさんのグッズがお店に並ぶのを楽しみにしてます! ちなみにこれからは、どういうものを作っていきたいですか?

遠山

このお仕事をしている中で、ファッションや髪型を当時の人にいいねって言ってもらえるのがすごい嬉しくて。聖子ちゃんカットも最初の頃は「ここはもうちょっとこうよ」って言われることが多かったんです。

くるみ

確かに、当時の人はその時の聖子ちゃんを見てますもんね。

遠山

そうなんですよ。私は写真とかYouTubeで2Dでしか見たことないので。でも後半になるにつれて「こんな感じだった」って結構ほめてもらえるようになって、それがすごいうれしくて。だから、当時の人が見てもいいねって思ってもらえるようなものを作っていきたいです。

くるみ

なるほど。まわりの人の優しいアドバイスもあって、今のくるみさんやグッズが完成しているんですね。今後のくるみさんのファッションやグッズにも目が離せません! ありがとうございました!

遠山

昭和遺産へ、巡礼1703景
平山雄
1,650円(税込)
2021年1月18日(月)発売
NEW
取材協力
Pepper's Drive-In 
神奈川県平塚市城所 1129-1
Website

CREDIT

クレジット

執筆
フリーのライター兼プランナー。趣味は料理と映画鑑賞、特技は一人飲み。一人でどんなお店にでも入れるため、取材も積極的に行う26歳。人との繋がりとコミュニケーションを大切に、遊びも仕事も全力で取り組みます!
撮影
千葉県千葉市美浜区出身。世間のブームにのりたい47歳。パンダが好き。
撮影
某研究学園都市生まれ。音楽と東京ヤクルトスワローズが好き。最近は「ヴィブラフォンの入ったレアグルーヴ」というジャンルを集めて聴いている。