絵本のこたち『ほんとうの星』『そらごとの月』原画展レポート

この記事は約2分で読めます by 加藤千有幾

303 BOOKS 営業の加藤です! 京都の絵本専門店「絵本のこたち」さんで開催の「ほんとうの星」「そらごとの月」原画展をレポートしてきました。

およそ1年ぶりになる訪問。「ただいま」と言いたくなるような佇まいです。
笑顔が素敵な店主の熊谷さんが出迎えてくれます。
入店して右に行くと原画展スペース。
ゆっくりと原画を楽しめる落ち着いた空間が広がります。
10月6日までは「そらごとの月」の原画を展示。
10月9日からは「ほんとうの星」の原画が展示されています。
素敵な土壁にも原画が展示されています。
白壁にも展示され、原画とじっくりと向き合えます。
「ほんとうの星」「そらごとの月」のサイン本と長田真作さんの著書も並んでいます。
撮影中にもお客様がご来店されてじっくりと拝見されていました。
ぜひ一度ご訪問ください。素敵な絵本との出会いが待っています。
《イベント情報》

「長田真作絵本原画展」
ほんとうの星
そらごとの月

【期間】
2020年10月2日(金)~10月13日(火)
OPEN 11:00~19:00(水・木定休)

【場所】
絵本のこたち
〒612-8241
京都府京都市伏見区横大路下三栖辻堂町76
TEL:075-202-2698
URL:http://cotachi.main.jp/
note:https://note.com/cotachi 
※長田真作さんのインタビュー掲載。より原画展が楽しめます!

「絵本のこたち」さんを360度楽しめる!
PC、パッド、スマホなどでご覧になれます。床の白点を辿って移動でき、360度見渡せ、クローズアップができます。2020年いっぱいまでの限定公開です!

そらごとの月
長田真作
1,800円+税
8月19日(水)発売

CREDIT

クレジット

執筆・編集
愛知県三河地方出身。ホームセンターから出版業界へ。様々なジャンルの営業を経験し303 BOOKSへ。何よりも書店に入った時の「本の香り」が好き。
    撮影
    生まれも育ちも大阪府。広告スタジオ勤務のあと、三十路目前にしてNYに武者修行。帰国後は大阪市北区でスタジオ開設。 「人の揚げ足」以外はなんでもとります。いまは、360度カメラとドローン空撮に夢中なB型。