千葉市夏休みおしごと感動体験ワクワクワークデー2022

編集者らあの取材記事

この記事は約3分で読めます

2022年8月23日、子どもたちが普段見ることができない職場で、仕事体験をする「千葉市夏休みおしごと感動体験ワクワクワークデー2022」が開催。303BOOKSには5人の小学生がやってきました。それぞれお気に入りの一冊を選び、代表の常松心平にインタビューを行い、記事をまとめました。

『ほんとうの星』

この不思議な生き物をどうやって思いついたんですか?

らあ

きっと人間の中身を描いたら、こんな生き物になったんじゃないかと思います。

303

「れ  つ  か  ら  で  る  な   と  お  こ  ら  れ  た」のところと、「か  っ  て  に  は  い  る  な  と  し  か  ら  れ  た」の部分はどうして文字間隔を広くしたんですか。

らあ

こうすることで、見ている人が、「ハッ」とその部分に注目するからです。

303

なぜ主人公を星にしたんですか?

らあ

きっとこれは作者自身のことだと思います。たくさんあるけど、たったひとつの、それでいて孤独なもの、それが星だったんだと思います。

303

本に出てくる建物みたいなものはなんですか?

らあ

いろいろな欲望や、祈りを込めて建てたられたさまざまな建物を、美しく、でもちょっと気持ち悪く描いたんだと思います。

303

どうして表紙に穴を開けたんですか?

らあ

思わず本を開いてみたくなるようにしました。

303

最初のページの半透明の白い模様はなんですか?

らあ

これはもともとそういう紙なんです。うっすら最初のページが見えていて、これも次のページを見たくなる工夫です。

303

一番最初のページの白い星の周りにある黒い靄はなんですか?

らあ

なんでしょう。人の闇、夜の闇、社会の闇から切り取られて、星が生まれてきたように見えますね。

303

なぜ星に穴を開けたんですか?

らあ

この本の中では穴が空いているものは「命」があるものなんです。だから、穴が空いているんじゃなくて、命があるんです。

303

この本は何をイメージして描かれたんですか?

らあ

作者はきっと、自分と自分の内面、そして自分をとりまく世界をイメージして描いたんじゃないかと思います。

303

みんなどこかを目指している、この写真のページの三角のゲートの先には何があると思いますか?

らあ

あの先にはどこか行かなくてはいけないところ。自分の意思ではなく、行かなければいけないところにつながっていると思います。

303

「なーーんだ そういうことか」のページの「そういうこと」はどういうことですか?

らあ

ここは読者の人に考えてほしいところだけど、きっと自分が何であるか、気づいたんじゃないかな?

303
単行本
ほんとうの星
長田真作
1,980円(税込)
単行本
そらごとの月
長田真作
1,980円(税込)