303 BOOKSのリモートワーク・ミュージック#13

ヒゲダン沼にはまった日々の考察。

この記事は約5分で読めます by 鬼塚夏海

本記事で紹介した曲のプレイリストのURLはこちら

本記事内の動画は全てコピーライトもしくはYouTubeに使用を許可しているライセンス所持者が表記されているものを使用しています。
YouTubeヘルプ「この動画の音楽」の情報

おにづかなつみ
鬼塚夏海

丑年生まれの編集者。毎日てんてこまいで、自分の好きなことも忘れてしまいがちな今日このごろですが、子育て後の人生を取り戻すべく、助走をつけています。

    一変した私の日常

    じつは私、最近あるバンドのファンになりまして、文字通り毎日が一変しました。自分でも驚きの変化でして、戸惑いと興奮をだれかれかまわず伝えてみたいのですが、

    「…う、うん、いいよね。私も好きだよ。いいんじゃない?」

    「いいけど、今頃?」

    なんていうリアクションをもらうことを想像すると、なかなか面と向かって、伝える勇気が出ません。そこで、ちょっと恥ずかしいのですが、この場を借りてオススメしてみたいと思った次第。

    Official髭男dismはもちろん知っていたのですが、「お、いい歌じゃん。ボーカルうまいよね」くらいでした。

    それが、2020年末、なにかの拍子でボーカルのさとっちゃんの歌声に魅了される瞬間があり、これは何だ、何なんだ? とYou Tubeで動画を漁りまくりました。単なるハスキーボイスってだけではない。この声。何だ何だ。めちゃめちゃ良い声ではないか! その挙げ句が、今の状態です。寝ても覚めても、ヒゲダン。

    毎日、頭がヒゲダンでいっぱいなのです。

    これが、ファンになるとということなのか!!

    なんてことだ!!

    Laughter 新世界へ羽ばたこうとするときの葛藤と覚悟を歌う

    2020年リリース曲。
    映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のエンドロールで流れた曲だそう。私がヒゲダンを聴き始めたのはこの曲からでした。
    会社員を辞めて音楽で生きていく決断をしたときの作者の心情を歌っています。後半のコーラスに入っていくあたり、無限の可能性の世界へ昇華していく感じが、好きです。

    ファン心地というのは初めての体験で、まるで自分が自分でないみたいです。

    若い頃から、ミーハーっ気がまるでない自分だったのに。

    それが、今や、初期の路上ライブやらの過去の動画をかたっぱしからチェックし、何百何千ものコメント欄に目を通し、「そう、それよ、わかる!!」といいねを押しまくる。

    仕事が終わって子供らを寝かしたら、夜な夜な、そんなことをしています。

    そうかー、アーティストやミュージシャンのファンになるってことは、こういうことだったのかー。みんなこんな感じだったのかー。

    それにしても、彼らがヒットした2年前、私はいったい、何をやっていたのだろう。

    コロナが始まる前のあの頃なら、ライブでもなんでも、行けたのに!

    Tell Me Baby ハイセンスの一言!

    2017年リリース曲。
    ヒゲダンは映画やメーカーとのコラボ曲のヒットが多いですが、個人的には、こういうメジャーっぽくない曲も、よりハマってる気がします。この曲が評価されてドラマの主題歌を依頼されたということなので、ヒゲダンがブレイクするきっかけになった曲。

    あらゆる動画やライブ映像(2019武道館ライブのDVDも買ってしまった)を見まくるうちに、彼らの歌(曲)が好きなのか、メンバーが好きなのか、バンドのロマンってものに夢中になっちゃっているのか、なんだかわからなくなってきました。

    もしかすると、私って、若い男子に夢中なただのイタイおばさんでしかないのかも? だって、これが女性バンドだったら、自分がこんなに夢中になるとは思えないし。テレビの歌番組で映画ドラえもんの新曲を歌うさとっちゃんがどんどん垢抜けていくのを見ると、一抹の寂しさというか。素朴な好青年のままでいてほしい! なんて思ったり。

    一方で、武道館ライブで総立ちの中、腕組みをしてつっ立っている同年代の男性を見つけると、「ああ、あなたも同志なんだね!」と嬉しくてたまらかったりもする。小さな子が抱っこされてお母さんとノリノリになっているのを見ても、やっぱり嬉しい。

    それならやっぱり、ヒゲダンの音楽が好きって言えるよね。…などなど。

    ひとりで勝手に頭の中がぐるぐると、盛り上がっております。

    始まりの朝 爽やかな朝に、気持ちが若返る歌

    2017年リリース曲。
    ボーカルの藤原聡によると、吹奏楽部に入った高校一年のときのワンシーンを歌にしたものだそうで、めちゃめちゃ爽やか。
    コメント欄に「聴いてたら鼻詰まりが治った」というコメントがありました。わかるかも!

    当然、どハマりっぷりは、家族には気味悪がられました。

    「どうしたのママ、取り憑かれてるよ」と。

    生意気ざかりの中学生の長男は「曲の最後を無駄にのばすやつ、はっきり言ってあんまり上手くないよね」などと言います。

    うるさいな。

    冷静な批評は要らないから。

    思わずむかっ腹を立てながらも、それでも「この曲どうよ?」「これも聴いてよ」と片っ端からオススメせずにはいられない。

    音楽が好きな人なら、やっぱりわかりあえる部分が大きいから、共感がほしくなりますね。

    たかがアイラブユー キーが低めで心地よく口ずさめる

    2018年リリース曲。
    この動画はライブ動画ですが、完成度がめちゃめちゃ高いです。
    この曲も、いつかライブで生で聴いてみたい。

    終わりに

    ヒゲダンは音楽的なバックグラウンドが広いのか、多くの要素がちりばめられていて、曲ごとにちがう魅力が。「Pretender」や「宿命」、「I LOVE…」などのいわゆるヒット曲もよいのですが、それ以外もおすすめです。

    ヒゲダンのファンになって経験したことのもうひとつは、コロナ禍でライブハウスがたくさんつぶれているというニュースを見たときに、初めて他人事でなく、胸がつぶれそうな感覚を味わったことです。

    音楽は、当面生きるためには必須ではない。けれど、音楽無しでは、多くの人にはやっぱり、無理なんじゃないかなぁ。音楽活動を支援するしくみがあったら、少しでも力になりたいなと思いました。今後、オンラインライブも、もっと盛んになりそうですね。

    CREDIT

    クレジット

    執筆・編集
    丑年生まれの編集者。3人の子どもが全員学齢期となり子育てが格段にラクになってきたので、自分の人生を取り戻すべく、楽器演奏の趣味を復活させようと助走をつけている。最近「Official髭男dism」を熱烈に応援するという新たな趣味も加わった。
      イラスト
      1994年、福岡県生まれ。漫画家、イラストレーター。第71回ちばてつや賞にて「死に神」が入選。漫画雑誌『すいかとかのたね』の作家メンバー。散歩と自転車がちょっと好きで、東京から福岡まで歩いたことがある。時代劇漫画雑誌『コミック乱』にて「神田ごくら町職人ばなし」を不定期掲載中。