『そらのうえ うみのそこ』大復活プロジェクト#1

絵本作家・大橋慶子1

この記事は約4分で読めます by 常松心平

2013年にオフィス303企画制作で、TOブックスから発行された科学絵本『そらのうえ うみのそこ』。縦型の絵本で、上から読んでも下から読んでも読むことができる絵本です。主人公はインディ号に乗るタケシ。国際宇宙ステーションから、マリアナ海溝の底まで、さまざまな自然現象、不思議な生物たちと出会いながら大冒険をします。しかし、あえなく絶版。そこで303 BOOKSでリメイクして、2020に再発することにしました(※追記:2020年7月31日に無事発売されました)。このサイトで、その進捗を報告していきます。そこで、監修者である広島大学の長沼毅教授に続きましては、絵本作家の大橋慶子さん。この科学絵本を成立させたのは、大橋さんの生物と、マシンと、人物を描き出す、画力にほかなりません!

大橋慶子(おおはしけいこ)
岐阜県大垣市出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。イラストレーター、絵本作家として活動。東京都在住。主な絵本に『もりのなかのあなのなか』(福音館書店)、『にんじゃタクシー』(フレーベル館)、『そらのうえうみのそこ』など。挿絵に『ひとりでできるかな?はじめての家事』(全5巻、大月書店)、『月のひみつシリーズ』(全3巻、ほるぷ出版)など。
Web SiteTwitterInstagram

『そらのうえ うみのそこ』をふりかえる

大橋さんに絵を描いていただいた『そらのうえ うみのそこ』が再発することになりました! そこで、この本についていろいろうかがいたいんですが、最初、この本の依頼がきたときどう思いました?

心平

納期が短いしこれは大変になるなぁと……(笑) でもすごくおもしろそうだなって思いました。

大橋

誰に絵を頼もうかって考えたときに、生き物と人物がしっかり描けて、絵のタッチもイラストっぽくなくてしっかりした質感のある人がいいなって思ってたんですよ。「あれ、これ全部大橋さんにあてはまるじゃん」って気づいて(笑) それですぐ依頼させてもらったんですよね。

心平

生き物とか人以外にも、宇宙ステーションとか潜水艦とかメカも出てくるじゃないですか。そういうのを描く時は楽しげに見えるように「これかな、それともこうかな」って自分で構図を考えながら描いてたんですけど、その作業とかすごく楽しかったです。

大橋

この本の絵は、構図がいいんですよね。

心平

原画を久しぶりに見たんですけど、我ながらがんばって描いたなっていう感じがします。ところで、描いてる当時はあまり考えてなかったんですけど、対象年齢って何歳くらいなんですか?

大橋
『そらのうえ うみのそこ』の装画の原画。原画は、印刷物の何倍もすばらしい。

こういうジャンルって、読者のほとんどは幼稚園年長〜2年生くらいですね。親御さんが「おもしろそうだからこれ買ってあげよう」っていう感じで買っていくケースが多いですね。上は小学校4年くらいまでじゃないですかね。

心平

そうなんですね。たしかに、私の友人の子でこの本をすごく気に入ってくれた子が何人かいるんですけど、小学1年生くらいなんですよ。

大橋

たぶん小学1年とかでもちょっと難しめではあるんですけど、とくに科学が好きな子だとそんなこと気にせず楽しんでくれてるようですね。

心平

そもそも、この本のつくりって絵本好きな子向けというより、科学好きな子向けって感じですもんね。

大橋

そうそう。デザインにしても、いい意味で昭和の科学マンガっぽいっというかレトロフューチャーっぽい雰囲気があるので、もろ絵本っていう感じじゃないですよね。

心平
『そらのうえ うみのそこ』の原画。リュウグウノツカイなどが生きる深海のシーン。

再出版にむけて

再発にあたって、大橋さんのほうで描き直したいものとかありますか?

心平

実はないですね(笑)

大橋

じつは僕も全然ないんですよね(笑) ビジネス的なセオリーでいけば変えたほうがいいのかもしれないけど、編集者として変えたいところは、ほぼないんですよ。

心平

ですよね。絵以外の情報の部分でアップデートされてるものがあればもちろん変えないといけないでしょうけど、絵でどこかといわれると、ほんと細かい部分ぐらいで。

大橋

ほかの人がつくったものだったらいろいろ変えようってなりますけど、いいものを自分たちでつくったっていう思いもあってあんまり変えたいと思わないんですよね(笑) まあ、でも多少加筆するっていうのはありですけど。

心平

そうですね、足していくっていうのはいいと思います。最近見つかった新種の生き物とかがあれば、そういうのは全体的に足していくみたいな感じで。せっかく新しく出るなら、オマケ的な何かがあるといいですよね。

大橋

そのあたりは長沼先生にも協力してもらって、いろいろ足していってより楽しげな誌面になるようにしましょう! 今回はこの辺にして、次回は大橋さんの最近のご活動についてお話をうかがいます!

心平
タケシ・イズ・バック!

新装版 そらのうえ うみのそこ
監修=長沼毅 / 絵=大橋慶子
1,500円+税

#2 絵本作家・大橋慶子2

CREDIT

クレジット

聞き手
303 BOOKS(株式会社オフィス303)代表取締役。千葉県千葉市の埋めたて地出身。バイク雑誌、パズル雑誌を経て、児童書の編集者になる。本は読むものではなく、つくるものだと思っている。
撮影
千葉県出身。どんな趣味も一年であきてしまう45歳。最近始めたジョギングにいたっては冬を越せるか心配中。チーバくんとパンダが好き。
構成
株式会社オフィス303の元社員。黒豆で有名な兵庫県丹波篠山市出身。2017年に日本を飛び出して1年ほどラテンアメリカ諸国を行脚する。現在はライターやフリー翻訳者として働きながら超低空飛行で生き延びる。