書店クエスト#8(加藤編)

縁あれば千里

この記事は約2分で読めます by 加藤千有幾

303BOOKS 営業の加藤です!

かとうかずあき
加藤千有幾

愛知県三河地方出身。ホームセンターから出版業界へ。様々なジャンルの営業を経験し303 BOOKSへ。何よりも書店に入った時の「本の香り」が好き。

    入社し早3ヶ月目になります。この間、関東を中心に書店様をご訪問していました。以前勤めていた出版社でお世話になった方々にもお会いできました。そんなわけで、今回は訪問した書店様から1店をご紹介させていただきたいと思います。

    今回は千葉県市川市にある「福家書店 市川店」様です。

    ニッケコルトンプラザ3Fにあり、広くゆったりとした書店様です。児童書・絵本・知育玩具・教育玩具などの売場『だびんち★きっず』もあり、お子様も十分楽しめます。

    昨年12月の頭頃にご訪問し、絵本担当のKさんに「ダジャレーヌちゃん 世界のたび」をご展開いただきました!ありがとうございます!!

    その帰りに、以前「福家書店 新宿サブナード店」のコミックでお世話になったOさん(キン肉マン好き)がいらっしゃることを思い出しアポイントなく訪ねてみました。

    すると・・・いらっしゃるではないですか!これはもう挨拶するしかない!!と思い突入しました。こちらでもコミック担当をされていました。アポイントなく訪ねたにも関わらず、温かく迎えてくれました。その後、他愛ない会話をしてお店を後にしました。その際に許可を得て撮影したコミック売場の写真がこちらです。

    福家書店 市川店様 売り場
    平台が多く、広々としてコミックを選びやすい展開をされていました(福家書店 市川店様の許可を得て掲載しております)。

    また、目を引いた「次にくるマンガ大賞2019」のコーナーもあったので、こちらも許可を得てパシャり。

    「次にくるマンガ大賞2019」のコーナー
    コミックス部門第1位は「薬屋のひとりごと」(原作:日向夏(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス)、作画:ねこクラゲ、構成:七緒一綺、キャラクター原案:しのとうこ、出版社:スクウェア・エニックス)でした(福家書店 市川店様の許可を得て掲載しております)。

    本当に、ご縁というものは有難いことです。今後も、このようなご縁を紹介できたらなと思います!

    《縁あれば千里》

    【意味】縁があれば千里も離れた所の人と会うこともあるし、結ばれることもあるということ。「縁あれば千里を隔てても会い易し、縁なければ面を対しても見え難し」を略した言葉。

    ブログを書く際に、何か良いタイトルあるかな・・・と探していたら出会ったことわざです。まさに今回の内容にふさわしいと思い付けさせていただきました!

    CREDIT

    クレジット

    執筆・編集
    愛知県三河地方出身。ホームセンターから出版業界へ。様々なジャンルの営業を経験し303 BOOKSへ。何よりも書店に入った時の「本の香り」が好き。
      イラスト
      1994年、福岡県生まれ。漫画家、イラストレーター。第71回ちばてつや賞にて『死に神』が入選。漫画雑誌『すいかとかのたね』の作家メンバー。散歩と自転車がちょっと好きで、東京から福岡まで歩いたことがある。江戸の消防と建築を研究中。