出版社303 BOOKS始動!!

編集プロダクション オフィス303は
事業領域を拡大し、出版事業を開始します

〜本の未来を考え、未来の本をつくる出版社〜

児童書を中心に出版物の企画・制作を行う株式会社オフィス303(本社:東京都新宿区、代表取締役:常松 心平、以下「オフィス303」)は、事業領域を拡大し、出版事業に取り組むことに致しました。2020年3月26日より「出版社 303 BOOKS(https://303books.jp/)」を始動します。

303 BOOKSの本には、映像作家によるPV、タイトルごとのランディングページを用意します。また、著書インタビュー、著者とゆかりのある人々との対談、イベントやライブのレポートなど様々なコンテンツを制作。それらを303 BOOKSのWEBサイトで公開。同時にTwitter広告、Youtubeを活用して、徹底的に拡散させていきます。

自分たちが心からおもしろいと思える本、胸を張って人に勧められる本、ずっと作りたかった本、情報ではなく、「所有する喜びがある」そんな本を作っていきます。

2020年 刊行予定

4月 千葉ロッテマリーンズ公式選手名鑑『まり〜んずかん2020』刊行
   絵本『ほんとうの星』『そらごとの月』(長田真作)2冊同時刊行
5月 バレエビジュアルブック『海賊』(監修・熊川哲也)刊行
6月 科学絵本『そらのうえ うみのそこ』(監修・長沼毅、絵・大橋慶子)刊行
12月 絵本『なぞなぞショッピングモール』(アレッサンドロ・ビオレッティ)刊行

2021年 刊行予定

内田麟太郎、荒井良二の新作絵本

代表取締役 常松心平より

心平プロフィール用画像

編集プロダクションの編集者として、ずっと疑問だったことがいくつもあります。なぜ出版社はWEBのプロモーションをしないの? なぜ出版社は異業種とコラボレーションしないの? なぜ出版社のWEBサイトはつまらないの? なぜ小さい書店や、図書館を大切にしないの? もちろん、そうじゃない例はいくつもある。でも、何かが実現すれば、何かをあきらめなくちゃならないことばかり。伝統が、風習が、上が、営業が……。そうこうしているうちに、出版界はどんどん硬直し、内向きになり、読者にそっぽを向かれはじめている。だから、ぼくたちはこの時代に、マーケットと向き合う上での「当たり前」を身に着けて、船出します。そして、クリエイティブな現場の最前線から、できたての本を届けるんです。

303 BOOKS出版社になりました。

NEW

1冊から注文可能

303 BOOKSは、大きな志をもった小規模書店の皆様との取引を大切にしていきたいと思っています。1冊から、送料当社負担でのご注文が可能です。気軽にご相談ください。

会社概要

社名 :株式会社オフィス303
代表者 :代表取締役社長 常松心平
所在地 :〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町二丁目7番地19
資本金 :1,000万円
設立 :1989年6月28日
事業内容 :出版物の制作、発行、販売、コンピュータプログラム、デジタコンテンツの制作および販売、運営管理
URL :https://303books.jp/

本件に関する報道関係者の問い合わせ先

 303 BOOKS 広報担当:加藤
Tel:050-5373-6574