scroll

About

Spotifyオリジナルの大人気ポッドキャスト『ホントのコイズミさん』、待望の書籍化!シリーズ第1弾「YOUTH」12月5日発売

小泉今日子が毎回、本や本に関わる人たちと語らいながら、新たな扉を開くヒントになる言葉を探していくポッドキャスト番組『ホントのコイズミさん』が、本になりました。

一部未公開部分も含み、各ゲストと連動した本だけの企画ページと一緒に、ゲストとのトークが活字と写真でよみがえります。

貴重なお話をたくさん聞けそうだとはなから思っていた私は、読む「ホントのコイズミさん」を密かに企てていました。まずは「YOUTH」から。振り返らないと見えない青春の扉を一緒に開いてくださったら幸いです。

小泉今日子
(本書あとがきより)

Guests

松浦弥太郎さん
(COW BOOKS)

竹田信弥さん
田中佳祐さん
(双子のライオン堂)

中村秀一さん
(SNOW SHOVELING)

江國香織さん
(作家)

Chapter.1

ゲスト

松浦弥太郎さん(COW BOOKS)

ゲスト企画

対談で10代の思い出を語り合ったおふたりが10代のころの宝ものを見せ合いました。

ゲストプロフィール

エッセイスト、クリエイティブディレクター。10代でアメリカの書店文化に触れ、1996年「m&co. booksellers」をスタート。2002年にセレクトブックストア「COW BOOKS」を中目黒にオープン。2006年から『暮しの手帖』の編集長を9年間務め、その後、ウェブメディア「くらしのきほん」を立ち上げる。著書に『今日もていねいに。』『100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート』『今日もごきげんよう』など多数。

Spotifyの配信はこちら #1

Spotifyの配信はこちら #2

Chapter.2

ゲスト

竹田信弥さん 田中佳祐さん(双子のライオン堂)

ゲスト企画

毎月読書会を行っている双子のライオン堂で、コイズミさんが読書会に初参加しました。

ゲストプロフィール

竹田信弥さん(双子のライオン堂)
高校時代から本を売り始め、2013年に東京・白山に「双子のライオン堂」をオープン。2015年に赤坂に移転。本屋発の文芸誌として『しししし』を年に1度刊行。渋谷のラジオ「渋谷で読書会」でパーソナリティも務める。

田中佳祐さん(ライター)
ライター。ボードゲームプロデューサー。著書に『街灯りとしての本屋』(雷鳥社)、『読書会の教室』(晶文社)がある。編集に『しししし』(双子のライオン堂)。出版社クオンのWEBページにて「韓国文学の読書トーク」、駒草出版のWEBページにて「料理の読書会」を連載中。

Spotifyの配信はこちら #24

Chapter.3

ゲスト

中村秀一さん(SNOW SHOVELING)

ゲスト企画

対談でも登場した、SNOW SHOVELINGの名物商品「Blind Date with a Book!」。おふたりがそれぞれ選んだ本(=お題)にメッセージをつけた〈ホンコイSPECIAL VERSION〉を作成しました。

ゲストプロフィール

高校を卒業後、アメリカの西海岸を皮切りに世界中を旅する。その後フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍。自分発信ができる場を求めて、2012年東京・深沢に好きな小説の一節を店名にした書店「SNOW SHOVELING」をオープン。

Spotifyの配信はこちら #23

Chapter.4

ゲスト

江國香織さん(作家)

ゲスト企画

対談で語られた、おふたりにとってかけがえのない存在であるワンちゃん、猫ちゃんたち。その愛おしい暮らしぶりが綴られたおふたりの作品を紹介します。

ゲストプロフィール

作家、翻訳家。1987年『草之丞の話』で小さな童話大賞、92年『きらきらひかる』で紫式部文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で直木賞、12年「犬とハモニカ」で川端康成文学賞、15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞を受賞。詩集に『すみれの花の砂糖づけ』があるほか、絵本の翻訳も多数手がけている。近著に『彼女たちの場合は』『ひとりでカラカサさしてゆく』など。

Spotifyの配信はこちら #18

Spotifyの配信はこちら #19

そのほかに「YOUTH」にちなんだ内容の一問一答や、対談時にコイズミさんが着ていた服を紹介する「#コイズミさん Outfit of The Day」など、ミニコーナーも。

次巻も鋭意製作中!

NEW
ホントのコイズミさん YOUTH
編著=小泉今日子
横128×縦210mm(A5変形)
フルカラー / ソフトカバー
ISBN: 978-4-909926-19-7
2022年12月5日(月)発売
1,650円(税込)

Author / Creators

編著

小泉今日子

神奈川県生まれ。1982年『私の16才』で芸能界デビュー。以降、歌手・俳優として、舞台や映画・テレビなど幅広く活躍。2015年より代表を務める「株式会社明後日」では、プロデューサーとして舞台制作も手掛ける。文筆家としても定評があり、著書に『黄色いマンション 黒い猫』(スイッチ・パブリッシング/第33回講談社エッセイ賞)、『小泉今日子書評集』(中央公論新社)など多数。

デザイン

尾原史和(BOOTLEG)
石井恵里菜(BOOTLEG)
大橋悠治(BOOTLEG)

303BOOKSの刊行物およびWEBサイトに関してお問い合わせやご質問、
書店様からの注文書・POP・パネル販促物についてなど、お気軽にご連絡ください。